●大会長の部屋●

~大会長・上村恵一が、学会総会の開催に向けた日々の活動をブログ形式でお届けします~


大会長の詳しいプロフィールはこちら


熱い、「抑うつ」講演!

6月10日(金)、上村大会長がNTT東日本札幌病院で「抑うつ」に関する講演に登壇しました。

当日は大変盛況で、150名の方が参加されたそうです。急遽サテライト会場も作られたとか。医療者の方の精神分野への関心の高さがうかがえますね。大会長には講演後に、JPOS2016の広報もしていただきました。

その場で研修セミナーにお申し込みいただいた方いらしたそうです!

ありがとうございます!充実した3日間をお約束しますよ。

札幌市保健福祉局表敬訪問!

札幌市は、後援はもちろん、秋元札幌市長の開会式ご出席も予定して頂いております。

4月8日(金)、札幌市保健福祉局を表敬訪問。組織委員の札幌市保健福祉局医務監の館石先生もご同席頂きました。大会ビジョンにご賛同いただき、市民向け、青少年向けプログラムの共催等もご検討いただけることになりました。

 

がん検診マスコットキャラクターの「けんしんけん」君も大会の応援にかけつけてくれました。

つながる、ひろがる、第2回組織委員会!

4月7日(木)、札幌市立大学サテライトキャンパスで開催。

役職を問わず、診療科を問わず、職種を問わず、地域を問わず、ただ札幌での学術大会を盛り上げることを同じ目的に、さらに多くの道内の先生方に参集して頂きました。当大会の意義への賛同・共鳴と各先生方の関係性の広がりをもってする大きな成果への動きが生まれました。のびしろのある本大会!多職種3000名参加実現へ加速です!

上村大会長の職場、市立札幌病院

市立札幌病院精神医療センターが、上村大会長の職場です。

病院2階の明るく開放的な一角。ここでは、からだと心のケアが一体で行われていると実感します。全国の総合病院に精神科を!これも、上村大会長がミッションとしているビジョンです。

 

指揮者になる夢があった多才な大会長、クリスマスコンサートでは、院内合唱団のタクトを振ります。

お笑いジャーナリストたかまつななさんと

平成27年度厚生労働省委託事業緩和ケア普及啓発事業でキャンペーンメッセンジャーを務めていただいた、たかまつななさんと事業を終えてのまとめの打合せです。若きお笑いジャーナリストの視点で思いっきり、知って身近に、もっと近くに、緩和ケアを広めていただき、大感謝です。

 

キャンペーンを通じ、サイコオンコロジーの理解も深めていただき、上村大会長と意気投合!

9月の札幌大会にも応援に駆けつけてくださることに!

「診断時からの緩和ケア」が当たり前の社会に!

日本緩和医療学会委託事業委員長として、厚生労働省委託事業緩和ケア普及啓発事業の責任者を務めている大会長、平成27年度委託事業の締めくくりは、がん対策基本法10周年を期しての医療従事者向けセミナー 「徹底討論『診断時からの緩和ケア』これからどうする!」でした。

 

全国のがん患者さんすべてに緩和ケアとサイコオンコロジーを広めること、それが大会長のミッション。

大会事務局(東京・三鷹)訪問打合せ!

212日、東京三鷹の大会事務局、オスカー・ジャパンに訪問打合せです。三鷹駅には、おりしも「2016.3.26開業 北海道新幹線」の垂れ幕、ゆきちゃんが先回りして大会長を歓迎です。大会事務局のオスカー・ジャパンは、がん対策推進基本計画着工当初より各種事業支援に参画、その中での大会長との運命の出会い。大会長のビジョン、ミッション、パッションに深く感銘して大会成功へ邁進中です!

オール北海道、組織委員会キックオフ!

121日(木)大寒の夜、JPOS2016 HOKKAIDO1回組織委員会を札幌国際ビルで開催。

オール北海道の先生方にご参加頂き、大会のビジョン、パッション、ミッションを共有。

多職種3,000名参加の魅力的な大会つくり実現へ熱いチームが結成されました。

今後さらにチーム拡充を目指します。

 

がん対策基本法10周年のメモリアルイヤー、北の大地からサイコオンコロジーの画期の普及へ大きな一歩です!

大会長初公務!関院長、久住教授表敬訪問

上村大会長、最年少の大会長を拝命しての、初公務は、表敬訪問。

 201599日、大会長が所属、大会本部となる市立札幌病院の院長、関利盛先生、大会長が研修医として教えを受けた北海道大学病院精神神経科教授久住一郎先生を表敬訪問、初の北海道単独開催成功へ、オール北海道の組織委員会設立へ、全面的なご支援の力強い激励を頂きました。