●大会長プロフィール●

29回日本サイコオンコロジー学会総会

大会長 上村 恵一(市立札幌病院精神医療センター)

 

市立札幌病院798床、地域がん診療連携拠点病院)において、常勤精神科医師として勤務。38床の精神科救急合併症入院病棟の運営と、緩和ケアチーム精神症状に関わる担当医師として主にリエゾンコンサルテーションを行っている。 

 

総合病院精神科医師の立場で厚生労働省委託事業として日本緩和医療学会に委託されているPEACE事業の精神腫瘍学の基本教育に関する指導者研修事業の責任者を支える立場として2009年から活動している。

20148月からは緩和ケア教育、普及啓発、医師に対するコミュニケーション技術研修会を担当する厚生労働省委託事業の責任者としての役割を担う。

 

1975年(昭和50年)8月生まれ。最年少40歳の大会長。

 

北海道がん心身ネットワークの事務局長として、道内のがん治療医、緩和ケア医と協同し、緩和ケアの教育の普及に関わっている。多職種支援を推進する立場で、北海道内だけではなく全国の精神腫瘍医の少ない地域に教育アウトリーチを行い、緩和ケアの均てん化に努めている。

◆大会長インタビュー◆

  がんと向き合う“心”のケアは? Our Age(集英社)

 

趣味:

 野球、ゴルフ、音楽

 野球は北大精神科チームプレイングマネージャー。今年は60年ぶりに北大医局対抗で決勝進出。

 指揮者として院内コンサートでもタクトを振る。

 

略歴:

 2001年3月 旭川医科大学医学部医学科卒業

 2001年4月 北海道大学医学部附属病院 精神神経科研修医

 2002年4月 独立行政法人国立病院機構札幌病院 北海道がんセンター

 2003年4月 市立札幌病院 精神神経科 医師

 2011年4月 市立札幌病院 精神科 副医長

 2012年4月 同精神医療センター 副医長

 

資格/外部講師:

 2008年9月  精神腫瘍学の基本教育に関する指導医講習会修了

 2009年4月~ 精神腫瘍学の基本教育に関するPEACE指導者研修会副統括

 2012年1月~ 旭川医科大学医学部 全人的医療・緩和ケアコース 非常勤講師 

 2012年4月~ 神奈川県看護協会 緩和ケア認定看護師教育課程 非常勤講師

 2014年4月~ 北海道大学大学院医学部精神医学講座 非常勤講師

 

分担研究員:

 平成25年度~ 厚生労働省科学研究費補助金 認知症対策総合研究事業 「急性期病院における認知症患者の入院・外来実態把握と医療者の負担軽減を目指した支援プログラムの開発に関する研究」

 平成25年度~ がん研究開発費 「精神腫瘍学の均てん化のための研究班」

 

所属学会:

 ・日本緩和医療学会

 ・日本サイコオンコロジー学会

 ・日本総合病院精神科医学会

 ・日本心身医学会

 ・日本精神神経学会

 ・日本臨床精神神経薬理学会

 

近著:

 ・がん患者の精神症状はこう診る 向精神薬はこう使う(編集) 2015.6.30発刊 じほう社